2020

 2020年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために3大会(「JFA全日本U-12サッカー選手権大会千葉県大会」、「千葉県U-11サッカー選手権大会 兼 JA全農杯全国小学生選抜サッカー大会in関東千葉県大会」、「千葉県U-12ガールズサッカー選手権大会」)を除き4種委員会の各事業を中止といたしました。

 世界中が未経験の新型コロナウイルスの脅威に対し、どのような対応を成すべきか手探り状態の中でした。言うなれば、「石橋を叩いて渡る」のではなく、戻ってくるような状況でした。

 その後、健康チェックや消毒、マスク着用の徹底、人数制限、無観客試合等々の感染症予防対策により、ようやく「石橋を叩いて渡る」というところまで漕ぎつけました。

 また、ワクチン接種も始まりましたが、まだまだ新型コロナウイルスの感染症が収束は先の話になりそうです。そのような状況ではありますが、2021年度は、選手はじめ指導者、保護者、運営者等サッカーに係る全ての方々の安全を第一であるとの認識を強く持ち、感染症対策を万全に行い、できる限り事業を運営していきたいと考えております。

 各チームの選手、指導者、保護者その他関係者の皆様には、ご不自由をお掛けしますが引き続きのご理解とご協力をお願いいたします。



公益社団法人千葉県サッカー協会第4種委員会

委員長 大久保 毅一